Check !!

大崎電気工業 ハンディ検針システム 目視検針業務を無線で実現

大崎電気工業ハンディ検針システムのイメージ

大崎電気工業は、電気や水道の検針業務をもっと効率よく、 簡単にできる集中自動検針システム 「OSCAMシリーズ」に注力している。

 このうち、「ハンディ検針システム」は、目視による検針作業を特定小電力無線通信の利用で離れた場所からでも検針ができるため検針業務を大幅に簡略化でき、転記によるヒューマンエラーも防げる。

無線の通信距離は見通しで約100mが可能で、高所や天井裏といった検針業務の難しい個所や、忙しい店舗などにも中に入らずに検針でき、営業の邪魔にならない。

検針は電力量計、水道計器が同一システムで使用でき、電文式計器を用いたシステム構築で誤計量をなくせる。

無線検針システムの構築は、計器1台から予算に合わせて導入が可能で、作業も計器の他は無線子機を設置するのみのため、検満更新時などに容易に採用できる。

また、同社の提供しているOSCAMサーバーを利用してクラウド型検針サービスにも接続可能で、検針データをサーバー(管理センター)にて収集し、お客様のインターネット環境で検針値の確認や請求書の発行まで一括管理することもできる。

(https://www.osaki.co.jp/)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG