Boomi、Flow向け新マルチクラウド機能の提供。企業・組織のクラウドファースト戦略を加速

信頼性の高いユーザーエンゲージメントを迅速に構築・提供することで、顧客、従業員、パートナーとの関係を向上する、ローコード開発ワークフロー自動化サービスクラウド型統合プラットフォームであるiPaaS のリーダーであり、Dell Technologies社傘下ブランドであるBoomi社(本社:米国ペンシルベニア州、日本オフィス:東京都港区、以下Boomi)は、ローコードで構築できるワークフロー自動化サービス「Flow」の機能強化を発表した。この機能強化によりワークフローをマルチクラウドおよびハイブリッドクラウドにワンタッチで導入できる機敏性を提供し、機密データのガバナンスを強化する。

デジタルトランスフォーメーションを加速する中、企業・組織では、さまざまな場所やデバイスで多種多様なペルソナとのエンゲージメントの推進が求められている。信頼性の高いユーザーエンゲージメントは、関心を活性化し、顧客ロイヤルティを促進し、ワークフローを調和させ、人とデジタルビジネスの関係を構築する。企業・組織はBoomi Flowを使用することで、アプリケーションおよびワークフローコンポーネント全体でマルチクラウドアーキテクチャをサポートし、ステークホルダーとのエンゲージメントを信頼性の高いものにする。

Boomiの製品責任者であるEd Macoskyは、

「業界はマルチクラウドソリューションを求めています。マルチクラウドソリューションは、システムとの連携を実現し、ユーザーとの密接なデジタルエンゲージメントを可能にするからです。企業・組織はBoomi Flow を活用することで、多様な環境を横断するワークフローやアプリケーションを、現状のアーキテクチャに最適な方法で、配置し自動化します。そのため、異なったペルソナに合わせたカスタマージャーニーを可能にし、ブランド価値を高める独自の効果を提供します」と

している。

Boomi Flowは、企業・組織がリスクを負うことなく、クラウドファースト戦略を加速することを可能にする。企業・組織は、ハイブリッド、マルチクラウド、オンプレミスの展開を含むあらゆるクラウドで Boomi Flow アプリケーションを実行できる。また、同期を容易にし、オンプレミスでの労力フットプリントを最小限に抑えて将来の移行の課題を回避できるように設計されている。さらに、クラウドネイティブの利便性を活用しながら、展開の柔軟性と、プライベートクラウドからアプリを実行する機能を備えたデータコントロールとセキュリティも実現している。

高額な医療費と従業員の財政状況のギャップを補完する業界初の金融ソリューションを提供するHealthBridges社 CTO、CISOのTim Heger氏は

Boomiは、弊社のパートナーにより良いサービスを提供し、急速な成長に向けて規模を拡大するために、デジタルトランスフォーメーションエンジンのバックボーンとして機能してきました。当社は、Boomi Flowを活用することで、パートナーの重要なエンゲージメントポータルを驚異的なスピードで構築し、数ヶ月の開発サイクルの短縮、オペレーションの合理化、本番運用までの時間を約10倍短縮することを可能にしています」

としている。

Flowを使用することで、ワンタッチでの展開配置、データ移動連携におけるコントロールの改善、機密データの管理強化ガバナンスを実現し、オペレーションを合理化簡素化できる。これは、Flowがデータ保護に関する規制上の義務や企業ポリシーに準拠しながら、カスタムワークフローとアプリケーションの開発を可能にすることを意味している。Flowを使用してユーザーエンゲージメントを構築する際、マルチクラウドの俊敏性のメリットを活用しながら、Flowのランタイムと関連データをプライベートインフラ環境内に保持し、管理を強化することで機密データの保護を実現できる。

Boomi Flowの詳細についてはこちら

Boomiについて

Boomiは、Dell Technologiesの一員として、企業・組織が人々を必要なものに瞬時に接続できるようにすることで、データエコノミーを強化する。 Boomi AtomSphereプラットフォームは、クラウドネイティブ、スケーラブル、オープンかつ安全な統合プラットフォームで、そのスピード、使いやすさ、および総所有コスト(TCO)の削減によって、世界中の13,000以上の顧客に導入されている。クラウドベースのiPaaSのパイオニアとして、データのインテリジェントな使用を促進するBoomiは、Integrated Experience(統合されたエクスペリエンス)を迅速に提供するお客様の能力を根本的に簡素化および合理化する。 これらの統合されたエクスペリエンスは、調和のとれたデータ、アプリケーション、プロセス、およびデバイス間の接続性によって支えられており、最終的にはより優れたヒューマンエンゲージメントを実現し、ビジネスの成果を加速する。

http://www.boomi.com/ja

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG