オプテックス・エフエー「現場川柳」大賞決定、「『社長来る!』 情報速度は 5G」

イラスト:見ル野 栄司氏

オプテックス・エフエーは、2020年10月から12月にかけて募集した「第七回現場川柳」の受賞作品を発表した。

現場川柳は、同社が定めた「センサ(10月3日)の日」を記念し、ものづくりに関わる製造・開発設計・物流・営業などの「現場」にまつわる川柳を募集する企画。第七回は、製造業にも普及が期待されている5Gを使い、社内の口コミの速さを表現した「『社長来る!』 情報速度は 5G」が大賞を受賞した。

各受賞作品には、コロナ禍におけるものづくり現場を表現した「3密に なるほどいない 社員数」や「匠から オタクに変わる 巣ごもり中」、またブームとなったワークマンやキャンプに絡めた「ワークマン お洒落になって 行きづらい」 「不良出し 苦情の山で ソロキャンプ」などが選ばれた。

選考は、応募総数9113作品の中から、特別選考委員で元エンジニア漫画家の見ル野栄司氏と社内選考委員により、大賞の他に見ル野賞(1作品)、優秀賞(3作品)、入賞(10作品)が選出された。

2021年も10月3日から「第八回現場川柳」の作品募集を実施する予定。

 

関連記事:オプテックス・エフエー「第七回 現場川柳」大賞決定! 優秀賞など15作品を発表

ANSYS

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る