オプテックス・エフエー「現場川柳」大賞決定、「『社長来る!』 情報速度は 5G」

イラスト:見ル野 栄司氏

オプテックス・エフエーは、2020年10月から12月にかけて募集した「第七回現場川柳」の受賞作品を発表した。

現場川柳は、同社が定めた「センサ(10月3日)の日」を記念し、ものづくりに関わる製造・開発設計・物流・営業などの「現場」にまつわる川柳を募集する企画。第七回は、製造業にも普及が期待されている5Gを使い、社内の口コミの速さを表現した「『社長来る!』 情報速度は 5G」が大賞を受賞した。

各受賞作品には、コロナ禍におけるものづくり現場を表現した「3密に なるほどいない 社員数」や「匠から オタクに変わる 巣ごもり中」、またブームとなったワークマンやキャンプに絡めた「ワークマン お洒落になって 行きづらい」 「不良出し 苦情の山で ソロキャンプ」などが選ばれた。

選考は、応募総数9113作品の中から、特別選考委員で元エンジニア漫画家の見ル野栄司氏と社内選考委員により、大賞の他に見ル野賞(1作品)、優秀賞(3作品)、入賞(10作品)が選出された。

2021年も10月3日から「第八回現場川柳」の作品募集を実施する予定。

 

関連記事:オプテックス・エフエー「第七回 現場川柳」大賞決定! 優秀賞など15作品を発表

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG