ATOUN、腕と腰を同時にアシストするパワードウェア新モデル発売

ATOUN(奈良市)は、腕と腰を同時にアシストできる着用型ロボットのパワードウェア「ATOUN MODEL Y+kote」を1月25日に発売した。

新製品は、腰用のパワードウェアに腕用のアシストパーツを付加し、腰と腕の同時アシストを可能にした新モデル。指先に取り付けたセンサーを使用し、肩付近のモーターによってパワーを調整しながらワイヤーを巻き上げ、手首を引き上げることで腕をアシストする。フレームレスのため人の動きを妨げず、多様な作業に対応する。

また、約1年にわたる実証実験結果をふまえて、腕をアシストするパーツに3つのアシストモードを搭載。

指先センサーを押しつける強さに応じて、ワイヤーで腕を引き上げる力を調節できる「ダイレクトモード」、指先センサーで荷物をタップすることで、腕の引き上げのON/OFF切り替えができる「ホールドモード」、腰や腕が動き出すタイミングに合わせて腕の引き上げを行う「オートモード」と、作業内容や作業者の好み・動きの癖などにあわせて選択が可能。

アシスト力は腕12kgf(片腕6kgf)、腰10kgf、重量は5.8kg(バッテリー含む)。

新モデルを使用した実地テストの様子

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG