スズデン、7月に本社移転

スズデンは、本社を2021年7月に東京都港区から東京都千代田区に移転する。新型コロナウイルス感染症拡大への対応するのが狙い。

同社は、19年3月に、経営資源の有効活用やBCP(事業継続計画)対策などから、東京都文京区の自社ビルを売却し、18年12月から東京都港区芝浦に本社を移転した。

現本社は、顧客満足度向上に向けた業務を遂行するために執務スペースをワンフロアに集約し、社員のコミュニケーションの円滑化を図っていた。しかし新型コロナウイルス感染症拡大によって、ワンフロアの環境下で感染者が発生した場合、感染が広まり事業活動に影響を及ぼす可能性が考えられるとして、 執務スペースの分割およびソーシャルディスタンスを確保できる複数フロアからなる建屋へ移転を決めたもの。

新本社は、東京都千代田区外神田2-2-3、住友不動産御茶ノ水ビル3、4、5階。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る