【各社トップが語る2021】パトライト「経営変革へのチャレンジ」高野尚登 代表取締役社長

2021年1月6日

パトライト 高野尚登 代表取締役社長

 

昨年は新型コロナウイルス感染症が世界的に拡大し、国内外で業績不振の影響を受け、在宅勤務をはじめとする行動制限を余儀なくされた。そのような中、DX戦略推進部門を新設し、新しいビジネス活動の模索を開始した。また、経産省認定「グローバルニッチトップ企業100選」に選出されるという喜ばしい出来事もあった。今年も引き続き新しいビジネス活動を展開し、コロナ禍中においても成長事業を作り出し、ニューノーマルでの地位確立を目指して経営変革にチャレンジしていく。

具体的には、動画など販促コンテンツを拡充し国内外へ発信するパトライトチャンネルの展開、三田魅せる化工場見学や東京IoTラボ、展示会をオンライン化し、対面でなくても仮想空間上で営業活動が充分に出来るようにする。合わせて、資産化された顧客データに基づいた精度の高い訴求を実行していく。また営業活動以外でも、リモートで国内工場と海外工場を繋いでものづくり品質の維持、オンラインミーティングや電子承認を積極的に活用してロケーションフリー化もすすめる。

これらの変革をベースに、これまで主戦場としていたFA領域から非FA領域に事業を拡大していく。ニーズにマッチする商品ラインアップの拡充とともに、業務改善や社会課題解決ソリューションでの「報知」機能のピースを当社商品で埋めていく。例えば人手不足解消や、発熱者見える化などのコロナ関連ソリューションを持つ様々なSIerと連携をすすめ、広い領域での浸透を狙う。

KASUGAブランド商品については、昨年大幅なラインアップ集約を断行した。品質改善と即納体制構築にリソースを集中させ、顧客満足度向上を狙う。このように既存事業においては軽量化で利益体質改善を図り、成長事業への投資原資をつくりだすことも継続していく。