【各社トップが語る2021】ロックウェル オートメーション ジャパン「ITとOTの融合を加速」矢田智巳 代表取締役社長

ロックウェル オートメーション ジャパン 矢田智巳 代表取締役社長

 

2020年9月期は、中国が早期に回復し、米国も強気な生産で回復基調にあり、グローバル売上高は前年比5%減の6583億円、純利益が47%増の1064億円となった。

国内は苦戦したが、ITとOTの融合に向けた「コネクテッドエンタープライズ」を強化し、花が咲きつつある。コロナによってお客様のデジタル化に対する認識は大きく変わり、例えばARは、以前は「いいね」だったものが、今は具体的な活用シナリオを想定した議論ができる状態になっている。シミュレーションについても、具体的にお客様の工場ライン全体をシミュレーションして生産性向上が評価できるのかなど視野が広がっている。

製品では、リニア搬送システムが大量生産向け設備メーカーでの評価は上々で、サービス体制を整備している。ARもシミュレーション/エミュレーションによるバーチャルコミッションの訴求を強化していく。また製薬業界へのアプローチを強化し、20年2月に買収した製薬をふくむ幅広い産業に強いシステム・コンサルティング会社・カリプソの機能を日本でも活用できるよう検討している。
 
当社の製品・サービスは「オープン」が特長で、設備に他社製のPLCが使われていても、シリアル化のような最先端のソリューションを実現する機能を追加することができる。国内はオープン性を活かした提案を進めている。一方、海外向けの案件ではサポートを含めたグローバルの対応力を活かしたアプローチを進めている。
 
21年もITとOTのコンバージェンスを進め、遠隔操業やラインの柔軟性、高速立ち上げなど企業能力を高めるサポートを行っていく。また国内への認知度向上と浸透に向けてSNSを使ったデジタルマーケティングを積極的に推進し、LinkedInやFacebook、Twitter等を通じた情報発信を強化していく。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG