OKI、遠隔運用で現場の無人化に貢献、ワンパッケージのエッジモジュール開発

OKIは、AIエッジロボットの高度遠隔運用コンセプトをベースに、ロボットに搭載可能なエッジモジュール「ROM」の開発を開始した。

ROMコンセプトイメージ

これまでのサービスロボットを活用した多くのソリューションは、ロボット本体のAIによる自律動作と人の駆付け対応による運用を想定しており、遠隔監視も設備管理と故障の予防を前提としたもので、必ずしも現場の省人化につながらないという課題があった。

ROMは、遠隔運用との高度な連携を行う機能をワンパッケージにしたモジュールで、運用センターとロボットの常時接続を維持し、ロボットのサービス提供状態を監視。センターの支援が必要な際には、ロボットからセンターへAIがタイムリーにエスカレーションを行う協調型AI機能を搭載。

従来は現場に人が駆付けて対処していた状況も、協調型AIがセンター側のオペレーションAIと連携し、状況に応じてセンターのオペレーターを割り当て、遠隔操作・遠隔ルート設定・代替機出動などの対応によりサービス提供状態を維持。現場の対応要員を不要としながらダウンタイムの最小化が可能となる。

また、必要に応じて、人の遠隔操作で簡単に対処できるタスクをオペレーターに依頼することで、現場のロボットが対応できる機能を拡充することも可能。

同社はこのモジュール開発により、2022年にサービスロボットの高度遠隔運用ソリューションの商用化を目指すとしている。

高度遠隔運用ソリューションの概念図

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG