ノキア パートナーシップ スタート、ローカル5G加速へ

2020年12月16日

ノキアは、日本における企業向けのローカル5G事業を加速するためのエコシステムとして「Nokiaローカル5Gテクノロジーパートナーシップ」をスタートし、オムロン、コネクシオ、シャープ、日鉄ソリューションズ、日立国際電気が参画した。

フィールドデバイス、アプリケーション、クラウド等の得意領域を持つ各社がノキアのローカル5Gプライベート・ワイヤレス基盤上でリモートコントロールやロボティクス、自動化などの産業におけるユースケースに対してのソリューション開発を進める。

各社の役割は、ノキア(ノキアソリューションズ&ネットワークス)がローカル5Gネットワークとエッジコンピューティング機能を提供し、オムロンは自律搬送ロボット(AMR)、各種センサ、制御用コントローラ(PLC)などFA機器と制御技術、製造業における知見を提供する。

コネクシオはローカル5G/プライベートLTEに対応したエッジコンピューティングゲートウェイの開発・提供、ゲートウェイ内のソフトウエア開発、およびゲートウェイを中核としたIoTシステムインテグレーション、シャープはローカル5G対応ルーターなどの5G対応機器、日立国際電気はローカル5G無線システム、スマートファクトリーや公共、社会インフラ分野での課題解決に向けたソリューション、画像解析AIソリューション、AIカメラやフィールドエッジコントローラなど5GとAIを組み合わせた製品、日鉄ソリューションズはローカル5G無線装置の導入、安全見守り・遠隔作業・デジタルツインの実現など、エンタープライズ領域におけるトータルDXソリューションを担う。