ANAと豊田織機 手荷物自動搬送、佐賀空港で実証

ANAと豊田自動織機は、共同開発した「手荷物積み付けロボット」と、運転者が乗車しない「自動運転トーイングトラクター」を接続させた実証実験を、12月14日から18日の間、九州佐賀国際空港にて実施。乗客の手荷物を航空機に搭載する、一連の工程の自動化に取り組む。

共同開発したロボットは、新開発のロボットハンドと独自の積み付けロジックを採用し、これまで手荷物ハンドリング工程で最も課題となっていたコンテナへの自動積み付けを可能にする国内初の航空機向けコンテナ用手荷物積み付けロボット。

ソフトとハード双方のスーツケースを縦向き・横向きどちらでも積み付けでき、スーツケースのサイズ情報を読み取り、高効率で荷崩れの少ない積み付け位置を演算して、並び替えながら2つのコンテナへ同時に積み付けることができる。積み付け速度は1個あたり平均25秒、対象重量は35キログラム以下。

今回の実証実験で、手荷物積み付けロボットと特定条件下での無人搬送を接続させた際の安全性やオペレーター視点での使いやすさ、作業効率向上による省力効果等を検証する。

コンテナ用手荷物積み付けロボット

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG