アズビル なんでも相談窓口「内部通報制度認証」取得

アズビルの内部通報制度が、消費者庁所管の「内部通報制度認証(自己適合宣言登録制度)」に11月27付で登録された。

内部通報制度認証とは、事業者のコンプライアンス経営を推進し、企業価値の向上に向けた内部通報制度に関する認証制度。事業者自らが自社の内部通報制度を評価して、消費者庁の定めるガイドラインに基づく内部通報制度認証基準に適合している場合、指定登録機関がその内容を確認した結果を登録し、WCMSマークの使用を許諾する。

同社は「azbilグループ社員相談・報告制度」として、社員や役員、取引先や一般などからも問い合わせや相談等を受け付ける「なんでも相談窓口」を設置・運営している。

同窓口は、CSR教育、コンプライアンス教育、人事関連研修などの社内研修や、専用ホームページの開設、利用状況の公開などによって、社内に深く浸透しており、不祥事や不正行為、ハラスメントなどにつながりかねない事態を未然に防止。また、個人的な悩みなどの相談も受け付け、社員が心身ともに健康で生き生きと働ける職場環境の実現に役立てている。

内部通報制度認証 WCMSマーク

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG