ファナック スカラロボット新モデルが登場

2020年12月2日

ファナックは、可搬質量20キログラム、リーチ1100ミリメートルのスカラロボット「SR-20iA」を開発、12月から出荷を開始する。

新製品は、従来モデルと比べて可搬質量、リーチともにひとまわり大きく、重量物を広いエリアで取り扱うことができる。新モデルにより、スカラロボットのラインアップが拡充され、自動化ニーズにより幅広く対応可能となった。

防水・防塵オプションや、耐薬品性に優れた塗装オプションも用意。設置形式は床置、壁掛け、ハンドリングや組み立て用途に適している。

SR-20iA