NO IMAGE

NEC&産総研 生産ライン構築・計画変更、10倍以上の高速化実証

AIシミュレーション技術活用

NECと産業技術総合研究所(産総研)は、AIシミュレーション融合技術を用いて、生産ラインの事前評価と運用の効率化を行う実証実験を、日産自動車と共同で実施。生産ライン構築・計画変更を10倍以上高速化、予測誤差1/6以下の高精度化を実証した。

NEC-産総研人工知能連携研究室が開発したAIシミュレーション融合技術は、精緻なシミュレーションを短時間で自動構築し、少ないデータからでも最適な意思決定が可能になる技術。これまでシミュレーターに投入するパラメーター設定などに、人手で約1カ月かかっていたが、今回の実証実験では約1日で達成し、生産効率の予測誤差が、20%から3%に改善した。

また、実証実験では最終工程のスループット約1カ月分という少ないデータで生産ライン計画の作成や高精度な予測を実現。ビックデータ分析と異なり、シミュレーションデータを自動で生成し、実データを補完することにより、少ないデータからでも最適な意思決定が可能となる。同技術を自動車メーカーに適用した場合、数百億円規模の効果があると推定されている。

同技術は、新事業会社BIRD INITIATIVE(東京都中央区)を通じて、コンサルティングサービスとソフトウエアプロトタイプ開発サービスを提供する。

AIシミュレーション融合技術の実証実験
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>お試し版PDF無料プレゼント!オートメーション新聞&産業用ロボットナビ、IoTナビほか

お試し版PDF無料プレゼント!オートメーション新聞&産業用ロボットナビ、IoTナビほか

オートメーション新聞をはじめ、弊社が発行している産業用ロボットナビ、IoTナビ、制御盤ナビほか、お試し版のPDFを無料で差し上げます。ご希望の方は下記よりお問い合わせください

CTR IMG