Boomi日本法人マネージャーに元MS堀氏就任「DX推進へシステム連携早急に」

2020年11月25日

Boomiは、日本のカントリーゼネラルマネージャーに元マイクロソフト業務執行役員を務めた堀和紀氏が就任した。堀氏は「レガシーIT統合の束縛から解放され、複雑なコーディングを気にすることなく、また予測不可能なマーケット状況において追加のリソースの用意することなく、クラウドが提供する柔軟性を最大限生かし、システム連携を早急に果たしたい」とした。

同社は、Dell Technologies社を親会社とし、システムやデータ同士を連携するIPaaS(Integrated Platform as a Service)を強みとする企業。IT化やDX(デジタルトランスフォーメーション)で企業内にさまざなシステムが存在し、それらを連携させて効率的な運用を行うことの重要性が高まるなか、同社の存在感も強まっている。

アジア太平洋・日本地域担当マネージングディレクターのAjitMelarkode氏は日本市場の特性について、レガシーシステムが多くクラウド化が遅れており、日本企業がグローバル市場に向けてデジタル変革をし、逆に海外企業が日本に入ってきている状況で、DXを進めるためにはレガシーシステムと新しいシステムの連携、レガシーシステムとクラウドの連携、日本メーカーのシステムと海外メーカーのシステムの連携など、これまでにない統合が必要となっていると指摘。そのなかで同社のIPaaSの技術が生きるだろうとした。

また堀氏も、DXをいかに早く簡単に実現するかが当社のミッションであり、Boomiはローコード開発で容易な使い勝手と迅速なデザイン、柔軟な実行環境、中央からの集中管理によってそれを実現するとした。