ヤマザキマザック 同時5軸加工機、AI活用 最新CNC搭載、幅広い自動化仕様に適応

ヤマザキマザックは、同社の最新CNC装置「MAZATROL SmoothAi」を搭載し、基本性能の強化と幅広い自動化仕様に対応する同時5軸加工機「VARIAXIS
i-800NEO」を11月16日に販売開始した。

新製品は、テーブルに積載できる加工物のサイズと加工領域を拡大し、イケール(治具)を利用した加工物の多数個取りなど柔軟な運用が可能。主軸の移動速度を高速化しており、加工サイクルの短縮を実現する。

最新CNC装置は、AIを活用した熱変位補正やびびり振動の抑制、デジタルツインによってパソコン上で加工シミュレーションなどが行える。

また、さまざまな自動化システムとの接続も可能となり、多段パレットストッカシステムや横形マシニングセンタとの混成ラインなど、生産形態にあわせた最適な自動化システムを構築することが可能。

同時5軸加工機「VARIAXIS
i-800NEO」

CALEXテクノロジー放射温度計

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る