リードリレー IEC規格を制定、日本から原案を提出

2020年11月25日

リードリレーのIEC(国際電気標準会議)規格が、2020年11月4日付で制定された。

規格番号IEC61810-4:2020Ed・1として制定された同規格は、日本電気制御機器工業会(NECA)が事務局を務めるIEC/TC94国内委員会が原案作成し、17年からIECに規格化を提案して実現した。

この規格の制定により、リードリレーの互換性・品質が確保されるとともにユーザにとってよりわかりやすく・使いやすくなり、普及も進むことが想定される。

当該規格のリードリレーは、リードスイッチ(ガラス管中に2本のリード接点を不活性ガスとともに封入した接点素子)を用い、ガラス管の周囲に巻かれたコイルの磁束でリード片を駆動させて接点開閉を行う。