Moxa 1台で複数OS可、3Uラックマウントコンピュータ登場

台湾・Moxaは、変電所の自動化システム構築に向けて、PRP/HSR接続を備えた高性能コンピュータ「DA-820Cシリーズ」を発表した。

新製品は、ファンレス設計の19インチ3Uラックマウントコンピュータで、第7世代Intel Xeon、またはIntel Core i7/i5/i3を搭載。複数のオペレーティングシステムをサポートする仮想マシンが実行できるCPUを搭載しているため、同製品1台のみで複数のOSを実行することができる。

PRP/HSR、IRIG-B、シリアル通信、およびスマートグリッドアプリケーションに必要なギガビットイーサネットファイバSFP接続を可能にする複数の拡張インターフェースに対応。

また、極端な温度や高レベルの電磁干渉といった過酷な環境や変電所自動化システムに対応するIEC61850-3、IEEE1613、IEC60255に準拠。さらにEN50121-4にも準拠しており、鉄道沿線のトラクション動力システムでも安定した運用が可能。

コンピュータの状態を監視し予知メンテナンス措置が行えるプロアクティブ監視を備え、CPU、メモリ、ストレージの使用状況や、CPUとマザーボードの温度など、多数のシステムパラメータを追跡するためのダッシュボードを提供。

DA-820Cシリーズ

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG