Check !!

シナプスイノベーション、工場・現場の監査支援ツール 受付開始

 

クラウドでスマート監査、報告書作成が簡単、情報の保存や共有に

製造業向けIT/IoTソリューションを展開するシナプスイノベーション(大阪市北区)は、NTTドコモの技術協力のもと、コロナ禍における工場入場制限や、監査における報告書作成の迅速化を目的に、監査支援ツール「UMリモート監査」を11月5日から受付開始した。

月間費用は99,500円〜(税別、別途初期費用が必要)。

 

UMリモート監査とは

「UMリモート監査」は、工場・現場の監査を支援するクラウドアプリケーション。映像を使ったリモート監査で出張経費を削減、監査スケジュール管理や履歴管理、報告書の自動作成も可能。また、クレームなど緊急に対処すべき事案の情報共有の迅速化、教育などにも活用できる。

「UMリモート監査」を提供の際、工場・現場内でネットワーク通信ができないユーザーに対しては、ドコモがネットワーク構築の支援を行う。「UMリモート監査」は4G(LTE)ネットワークでも利用可能だが、5Gの高速・大容量なネットワークを利用することで、より高画質・高品質なリモート監査が可能となる。

なお、ドコモにおいても「5G」に対応したパートナーソリューションとして、同日から受け付けを開始、11月中旬から販売を開始する予定。

■NTTドコモ UMリモート監査紹介ページ

 

利用画面イメージ
 

UMリモート監査の特徴

● 自社独自の監査項目をシステムに登録して使用でき、チェックリストを簡単に作成することが可能

● クラウドアプリケーションのため、PC・スマートフォン・タブレットへのインストールが不要

● 作成したチェックリストを元に音声・チャット機能を使って監査を行うことができる。監査先企業は指定されたURLに任意のスマートフォンやタブレットでアクセスし、チャットや音声での指示に沿って工場・現場を撮影

● チェックリストに記載したコメントを自動で報告書として出力。報告書はExcelで出力が可能

● クレームなど緊急に対処すべき事案の情報共有の迅速化、教育などにも活用することができる

■UMリモート監査 製品情報

 

出典:シナプスイノベーション「工場・現場の監査支援ツール『UMリモート監査』受付開始」

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG