Check !!

シュナイダーとレノボ協業 サーバールーム不要のエッジ処理提供

シュナイダーエレクトリックとレノボ・エンタープライズ・ソリューションズは協業し、データセンターやサーバルームに頼らない、エッジコンピューティングインフラの設置が可能なソリューションを提供すると発表した。

今回提供するソリューションは、レノボのIoT・エッジコンピューティング向けラック・サーバ「Lenovo ThinkSystem SE350」と、シュナイダーの「APC NetShelter WX 6U薄型壁取り付けエンクロージャ」「APC Smart-UPSリチウムイオン」で構成。

「Lenovo ThinkSystem SE350」は、高性能なサーバ・グレードと、防塵性、耐熱性を兼ね添え、さまざまな環境での設置を想定して設計。通常の1Uラック・サーバの半分の大きさに収めることで、限られた空間での設置や壁掛け設置も可能。

長寿命のバッテリーが特徴の「APC Smart-UPSリチウムイオン」と併せて設置することで、高可用性を維持する。

IT専用スペースがないオフィスや店舗、倉庫内での使用を想定した動作検証済みでリファレンスアーキテクチャも提供されるため、ユーザーは迅速なエッジコンピューティングの導入が可能。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6600円、法人向けプラン3万3000円

CTR IMG