河村電器産業 過酷環境から守る5G基地局向け屋外ラック

2020年9月9日

河村電器産業(愛知県瀬戸市)は、過酷な屋外環境から無線装置を守る5G基地局向け屋外ラック「SOMRシリーズ」を発売した。

同ラックは、ステンレス製で、保護構造はIP55。風が強い日、雨の日、雪の日などの過酷な屋外環境から、携帯電話基地局内部の整流器、無線機、伝送装置、バッテリーなどの機器を保護する。
 
耐風圧は毎秒60メートル、積雪強度は2メートル、塩水噴霧試験1000時間、耐震荷重400キログラムなどの性能を誇る。

日射を遮る遮へい板、側面パネル、前面ドア、背面ドアなどで構成される。

外形寸法、パネル取り付け有効スペース、マウントアングルの異なるさまざまなタイプが用意される。

基地局のほか、道路・鉄道・河川・ダム・気象観測などの無線システム収納にも適応する。

SOMRシリーズ