「ARCジャパンフォーラム2020」9月15・16日オンライン開催、デジタル変革を推進

ARCアドバイザリグループ主催、オートメーション新聞など協賛の「第22回ARCジャパンフォーラム2020」が、オンラインで9月15、16の両日開催される。

今年は「産業とシティにおけるデジタル変革を推進」をテーマに、コロナウイルス感染対策の一環として、GoToWebinarを活用したオンライン形式で開催する。

15日は、セッション1で「デジタル変革最前線」と題し、住友化学デジタル革新部部長 金子 正吾 氏、豊田自動織機トヨタ L&Fカンパニー理事・CIO 伊藤寿秀氏、アヴィバカントリーマネージャー 小暮正樹氏が、セッション2では「オートメーションの最新動向とCovid-19対策」と題し、ARCアドバイザリグループ リサーチディレクタ デーヴィッド・ハンフリー氏とフローリアン・ギルドナー氏、SL ジャパン代表取締役社長 羽島良重氏のほか、2人の講師が調整中。

16日はセッション3で「スマートファクトリ1」と題し、高砂ケミカル会長 齊藤隆夫氏、デンソーウェーブFA・ロボット事業部ソリューションビジネス推進部部長 澤田 洋祐氏、ARCアドバイザリグループ リサーチディレクタ デーヴィッド・ハンフリー氏とハリー・フォーブス氏、セッション4では「スマートファクトリ2」と題し、横河マニュファクチャリング生産技術本部技術開発部マネージャ 遠藤真氏、横河ソリューションサービスソリューションビジネス本部コネクテッドインダストリーズビジネス開拓センター長 佐藤恵二氏、アプロテック経営最高責任者 アンドレイ・スヴォロフ氏が講演する。

参加費は1人3万円(9月8日までの申し込みは50%オフ)。

■参加問い合わせ
ARCジャパン
TEL:04-2991-1685
メール:arcjapan@arcweb.com

■第22回 ARC ジャパンフォーラム2020 (オンライン) 概要

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG