ダイヘンの溶接現場向け協働ロボシステム「UR+」製品に認証、セットアップ容易

2020年8月19日

ユニバーサルロボットは、ダイヘンが開発・製造する溶接現場向け協働ロボットシステム「Welbee Co-R(Welbee Collaborative Robot system)」を、ユニバーサルロボット製協働ロボットの周辺機器プラットフォーム「UR+」製品として認証した。日本の溶接機メーカーでは初のUR+認証製品となる。

溶接業界においてロボット導入の障壁となっている、設置スペースの確保やロボット操作のスペシャリスト養成、安全対策にかかるコストなどの課題に対し、ダイヘンでは、「ロボット専用スペース不要」「プログラム作成が容易で誰でも簡単操作」「安全柵が不要で既存ラインに導入可能」などを掲げ、独自の溶接ノウハウを凝縮した「簡単な溶接教示」搭載のWelbee Co-Rを開発。

同システムは、アームを直接つかんで動かし、動作を覚えさせるダイレクトティーチングや、稼働中でもリアルタイムでアークの確認と溶接条件の調整ができる半自動溶接機用のリモコン、初心者でも直感的に使える溶接条件の設定画面など、セットアップのしやすさや使いやすさが特長となっている。

Welbee Co-R