ダイヘンの溶接現場向け協働ロボシステム「UR+」製品に認証、セットアップ容易

ユニバーサルロボットは、ダイヘンが開発・製造する溶接現場向け協働ロボットシステム「Welbee Co-R(Welbee Collaborative Robot system)」を、ユニバーサルロボット製協働ロボットの周辺機器プラットフォーム「UR+」製品として認証した。日本の溶接機メーカーでは初のUR+認証製品となる。

溶接業界においてロボット導入の障壁となっている、設置スペースの確保やロボット操作のスペシャリスト養成、安全対策にかかるコストなどの課題に対し、ダイヘンでは、「ロボット専用スペース不要」「プログラム作成が容易で誰でも簡単操作」「安全柵が不要で既存ラインに導入可能」などを掲げ、独自の溶接ノウハウを凝縮した「簡単な溶接教示」搭載のWelbee Co-Rを開発。

同システムは、アームを直接つかんで動かし、動作を覚えさせるダイレクトティーチングや、稼働中でもリアルタイムでアークの確認と溶接条件の調整ができる半自動溶接機用のリモコン、初心者でも直感的に使える溶接条件の設定画面など、セットアップのしやすさや使いやすさが特長となっている。

Welbee Co-R

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG