【製造業ERP導入事例】キッツ、NTTデータGSLの支援を受けSAP HEC導入で統合基盤を刷新

2020年8月20日

バルブの世界トップメーカーのキッツ(千葉県千葉市、代表取締役社長:堀田康之)は、NTTデータ グローバルソリューションズ(東京都中央区、代表取締役社長:磯谷 元伸、以下 NTTデータGSL)をパートナーとし、基幹システムをSAP HEC(HANA Enterprise Cloud)で構築し、グローバル統合基盤を刷新。2019年から稼働を開始した。

バルブの世界トップメーカー・キッツ
グローバル統合経営強化のための基幹システムを整備

 キッツは、バルブを中心とした流体制御機器の総合メーカーとして、バルブ事業に加え、水栓金具、ガス機器、家電製品の部材などの素材として使用される伸銅品事業等を展開している。

 同社は長期経営計画である「KITZ Global Vision 2020」に掲げた、グループ会社を横断する情報システムの統合化の方針に従い、グローバルオペレーションの標準化及びグローバルマネジメント強化のためにグローバル1クライアント、1インスタンスのERPによる統合業務基盤を導入。
 さらに国内システムを統合する「KInGS」(KITZ Innovation Global System:キングス)プロジェクトを発足した。これまでグローバル拠点において、様々な基幹システムが個別に構築されており、調達、生産、販売に至るグループ全体の情報の収集、迅速な経営戦略の立案、展開の実現と、新会社設立やM&Aによる新たな拠点での円滑なビジネスの立ち上げのために、グローバルで統合された基幹システムが必須となっていた。

NTTデータGSLをパートナーとして構想設計、SAP HEC導入へ

 2006年から業務システムの移行および周辺システムとの連携を実現するパートナーとしてグローバルの基幹システム導入に豊富な実績を有するNTTデータGSLを選定して構想化を開始。その後ERPとして「SAP Business Suite powered by SAP HANA」を採用した。
 2006年4月から構想化プロジェクトを開始し、グローバル経営や事業規模拡大を支える基盤の方向性を決め、2008年4月からグローバルのグループ企業への展開、2014年12月からインフラをSAP HEC(HANA Enterprise Cloud)への移行、2015年11月から本社への導入を行い、2019年9月に導入が完了した。

業務効率化、原価計算の精度向上など成果は上々
膨大な特注品データの整備・活用も実現

 その結果、5カ国12拠点でのグローバルでの業務システム統一と共通マスター整備による業務標準化の確保や可視化、クラウド化によるTCO(Total Cost of Ownership:総保有コスト)の削減、移転価格への対応によるコンプライアンスの強化、品目別原価計算の精度向上など多くの課題解決を実現した。
 また、キッツでは特別注文品も大きなビジネスとなっており、膨大な数の製品データが存在していた。ERP導入によって一元的な管理が可能となり、経営の可視化と迅速な意思決定が可能となった。

 これらを通じて、グループを一つの企業として捉え、事業の全体把握を行うグローバル一貫損益を実現。販売予測の精度向上や異常値の早期発見による迅速な対応など、グループ全体の経営効率の向上を達成し、中核事業であるバルブ事業で2030年に向けて「Global Strong No.2 を目指す」をスローガンに掲げている、第4期中期経営計画(2019~2021年度)の基盤となった。

 NTTデータGSLはキッツのメンバーとともにプロジェクトを推進し、システム設計や構築だけでなく、運用支援や業務改善、スキルトランスファーも含めて実施することで、今後も予定されている海外の新設拠点へのスムーズな展開とビジネスのより一層の拡大に貢献していくとしている。

■NTTデータ グローバルソリューションズについて
株式会社NTTデータ グローバルソリューションズは、日系企業のグローバル展開に伴うシステムのグローバル化需要の拡大に対応するため、2012年7月に設立。
NTTデータグループの「SAP Global One Team」の一員として、NTTデータの国内におけるグループ会社に分散していたSAPソリューション、業務ノウハウの一体化を図り、SAP ERPシステムの導入から保守運用、拡張開発支援など、多岐にわたるサービスをワンストップで提供し、NTTデータグループにおけるSAP事業の中核会社として、企業の戦略的な事業経営をサポートしている。

https://www.nttdata-gsl.co.jp/

■キッツについて
株式会社キッツは、1951年に設立された千葉県千葉市美浜区に本社を置くバルブを中心とする流体制御機器の製造メーカー。
「よりよい品質へのこだわり」を源流とし、「創造的かつ質の高い商品・サービスで企業価値の持続的な向上を目指し、ゆたかな社会づくりに貢献すること」を企業理念に掲げ、流体制御のプロフェッショナルとして、お客様、地域社会、地球環境に高い価値を創造し、提供している。

https://www.kitz.co.jp/