シナプスイノベーション、8月6日〜21日オンラインセミナー開催「クラウドIoT」の活用ポイントを解説

シナプスイノベーション(大阪市北区)は、8月6日〜21日、withコロナ時代のカギを握る「クラウドIoT」の活用ポイントオンラインセミナーを開催する。

現在、製造業は、新型コロナウイルスの蔓延による変革期を迎えており、クラウド×IoTの技術を組み合わせた生産ライン状況の遠隔確認に対する需要が高まっている。

同セミナーでは、作業者と管理者の密接を避けつつ現場改善をするクラウドIoTの構築ポイントや、同社が開発したスモールIoT製品・ライン分析改善パッケージ「UMKaizen」について紹介。

 

【講演内容】
・新型コロナの影響とクラウドIoTの実現方法
・スモールIoTを促進する ライン分析改善パッケージ「UMKaizen」

【講師紹介】
株式会社シナプスイノベーション
取締役副社長 IoT事業統括 補佐
市川 裕則 氏

元 京都発ロボットベンチャー 所属。生産ライン(自動車・半導体・薄型テレビ・医薬品・化粧品・食品etc)の全体設計、ロボットハンドシステム、ロボットアームシステムの研究・開発に従事。東京大学をはじめ、様々な大学との共同研究開発のリーダーを務める。

 

【セミナー概要】
セミナータイトル:withコロナ時代のカギを握る『クラウドIoT』の活用ポイントセミナー
形式:動画配信
 ※公開期間中、パソコン、タブレット、スマートフォンのブラウザから視聴可能(アプリ等のインストールは不要)
公開期間 :2020年8月6日(木)~2020年8月21日(金)
所要時間 :約30分
定員   :無制限
参加費  :無料

▼申込み・詳細はこちら
https://www.synapse-i.jp/seminars/cloudiot

 

■シナプスイノベーション

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG