三菱電機 22年6月めど、TFT液晶事業終息

2020年6月24日

三菱電機は、子会社であるメルコ・ディスプレイ・テクノロジー(熊本県菊池市、MDTI)でのTFT液晶モジュールの生産を2022年6月をめどに終了し、液晶事業を終息する。

同社の液晶事業は、産業用・車載用の中小型TFT液晶モジュールを扱っており、先端技術を搭載した付加価値の高い製品を開発・市場投入することで拡大を進めてきた。これまで強みとしていた高い表示性能や信頼性を有する製品も、グローバルでの価格競争の激化により製品競争力の維持が困難となったことから、液晶事業を終息することとなった。

今後は、同社とMDTIの液晶事業に係る経営資源をパワーデバイスなどの成長牽引事業群へシフトし、さらなる成長・発展を目指すとしている。