東京エレクトロンデバイス AI活用し予知保全

2020年6月24日

東京エレクトロンデバイス(横浜市神奈川区)は、AIを活用した予知保全プラットフォーム「CX-D」を開発し、6月16日から販売開始した。
 
近年、設備の状態監視にAIなどのデータ活用を検討する企業が増えているが、システムを自社で開発し構築、運用することは、技術やコスト、時間の負担などが大きく、導入する企業が多くないというのが現状となっている。
 
CX-Dは、予知保全に必要な機能をシステムとして一つにまとめ、工場で設備の監視を容易に実現することが可能。PLCやセンサからのデータ収集、可視化、変化監視、状態診断、通知などを行うための汎用的な機能を実装しているため、開発やシステム構築の負担を削減することができる。通常の稼働状態を学習し、設備の稼働状態の変化を警告指数として捉えて検知するAI技術を標準実装している。