ジール、企業のDX推進パートナープログラムINDUSTRIAL-Xパートナーズに参加

2020年6月11日

 ビジネスインテリジェンス/データウェアハウス専業ソリューションベンダーのジール(東京都品川区)は、INDUSTRIAL-Xが発足した、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援するためのパートナープログラム「INDUSTRIAL-Xパートナーズ」に参画した。
 同社は、「DX・データ活用」に対するDXプラットフォーム提供から、データドリブン経営の移行支援までを一貫したサービスに取り組んできており、「DX・データ活用」専業としての豊富な知見とリソースでDX戦略における適切な環境作り、移行支援をサポートしていく。

 近年あらゆる企業がDXを推進しており、テクノロジーを活用した革新的なビジネスモデルやサービスが展開されているが、DX実現にあたっては、自社に足りないITソリューションや導入支援人材などのリソース(経営資源)を、ITベンダーをはじめとする幅広いパートナー企業から調達することが重要とされる。
 しかし社内にDXを推進できる専門家がいない、自社に適したリソースを選定できない、ITベンダーだけでは必要なリソースを調達できないなど、リソースの調達に難しさが残る中で、INDUSTRIAL-XはDX推進に必要とされる様々なリソースをもつパートナー企業と連携し、企業のDX推進における経営モデルの立案から、あらゆるリソースの提供まで包括的に支援を行っている。同プログラムはそのためのものとなる。

 岡部 貴弘代表取締役社長は「このたびジールがINDUSTRIAL-Xパートナーズとして参画できることを大変嬉しく思います。本プログラムに参画し、多くの企業と連携することで、日本企業のDXをさらに加速させ、より一層企業や事業の成長に貢献できると考えています。ジールは長年培ってきたノウハウと最新技術を駆使し、企業の経営課題解決に向けてニーズに合わせたソリューションサービスを提供することで、より一層の顧客満足につながると確信しております。ジールの理念である『経営情報の大衆化』に大いに役立つものとして、INDUSTRIAL-Xとのビジネスを推進してまいります。」と話している。

企業のDX推進を行う、INDUSTRIAL-Xが発足したパートナープログラム「INDUSTRIAL-Xパートナーズ」にジールが参画