ジール、企業のDX推進パートナープログラムINDUSTRIAL-Xパートナーズに参加

 ビジネスインテリジェンス/データウェアハウス専業ソリューションベンダーのジール(東京都品川区)は、INDUSTRIAL-Xが発足した、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援するためのパートナープログラム「INDUSTRIAL-Xパートナーズ」に参画した。
 同社は、「DX・データ活用」に対するDXプラットフォーム提供から、データドリブン経営の移行支援までを一貫したサービスに取り組んできており、「DX・データ活用」専業としての豊富な知見とリソースでDX戦略における適切な環境作り、移行支援をサポートしていく。

 近年あらゆる企業がDXを推進しており、テクノロジーを活用した革新的なビジネスモデルやサービスが展開されているが、DX実現にあたっては、自社に足りないITソリューションや導入支援人材などのリソース(経営資源)を、ITベンダーをはじめとする幅広いパートナー企業から調達することが重要とされる。
 しかし社内にDXを推進できる専門家がいない、自社に適したリソースを選定できない、ITベンダーだけでは必要なリソースを調達できないなど、リソースの調達に難しさが残る中で、INDUSTRIAL-XはDX推進に必要とされる様々なリソースをもつパートナー企業と連携し、企業のDX推進における経営モデルの立案から、あらゆるリソースの提供まで包括的に支援を行っている。同プログラムはそのためのものとなる。

 岡部 貴弘代表取締役社長は「このたびジールがINDUSTRIAL-Xパートナーズとして参画できることを大変嬉しく思います。本プログラムに参画し、多くの企業と連携することで、日本企業のDXをさらに加速させ、より一層企業や事業の成長に貢献できると考えています。ジールは長年培ってきたノウハウと最新技術を駆使し、企業の経営課題解決に向けてニーズに合わせたソリューションサービスを提供することで、より一層の顧客満足につながると確信しております。ジールの理念である『経営情報の大衆化』に大いに役立つものとして、INDUSTRIAL-Xとのビジネスを推進してまいります。」と話している。

企業のDX推進を行う、INDUSTRIAL-Xが発足したパートナープログラム「INDUSTRIAL-Xパートナーズ」にジールが参画

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG