Moxa 鉄道用コンピュータ、高性能プロセッサ搭載 マルチ無線接続も

2020年6月3日

台湾.Moxaは、車載および沿線用アプリケーションに最適な鉄道用コンピュータ「V2406Cシリーズ」を発表した。
 
新製品は、鉄道の車載や沿線用アプリケーションに関するEN50155:2017規格とEN50121-4規格に準拠しており、動作温度、電源入力電圧、サージ、ESD、および振動をカバーしているため、さまざまな産業用アプリケーションに適している。

過酷な環境でのデータ処理向けに設計されているため、Intel Core i7/i5/i3またはIntel Celeron高性能プロセッサを中心に構築され、最大32GBのRAM、mSATAスロット、ホットスワップ対応2.5インチHDDまたはSSDストレージ拡張用スロット2つが搭載されている。
 
また、mPCIe無線拡張用スロット2つとSIMカード・スロット4つを装備しているため、LTE/Wi-Fiの冗長接続を確立し、高速で走行する列車と地上間の双方向の通信がしっかり確保できる。無線モジュール用に標準装備されているQMAケーブルは、組み立ての手間を省き、RF漏洩を抑えることも可能。
 
車載・沿線用のシステムやデバイスとの接続に、ギガビット・イーサネット・ポート2つ、RS-232/422/485シリアル・ポート4つ、6点デジタル入力、2点デジタル出力、USB3.0ポート4つと多彩なインターフェイスを装備。VGAビデオ出力と4K解像度対応のHDMI出力も搭載。

金属製筐体でファンレス設計の「V2406Cシリーズ」