DMG森精機×KDDI デジタルファクトリー実証、2拠点で5G構築

2020年6月3日

DMG森精機とKDDIは、5Gを活用したデジタルファクトリーの実現に向けて、共同検討・実験を5月21日から開始した。両社は、4月にDMG森精機伊賀事業所に、7月には東京グローバルヘッドクォータに5G環境を構築し、2拠点でユーザーの生産性向上に貢献するソリューション開発を進めていく。

近年、製造現場の自動化ニーズが高まっているが、工作機械での切削時に発生する切りくずが、稼働停止や加工不良につながるなど、無人運転や夜間運転による自動化に対して課題がある。

今回の実験では、工作機械内部のカメラ画像をもとに、切りくずの堆積場所と堆積量をAIが推論し、洗浄経路を自動で生成計算して切りくずを除去するDMG森精機の「AI切りくず除去ソリューション」に5Gを導入する。5Gの高速・大容量という特長を生かし、工作機械内における大量の画像データの自動収集を加速させ、より高度なAI機能の実装の有効性を検証する。

AI切りくず除去ソリューション自動洗浄ノズル