ヤマハ発動機 ビジョンシステム発売、不定形物が検出可能

2020年5月27日

食品・衣料品業界の効率化をサポート

ヤマハ発動機は、6月1日から不定形物を検出可能なビジョンシステム「RCXiVY2+(アールシーエックスアイビーツープラス)」を発売する。

食品や衣料品など不定形物の検出とピッキング、有無検査や多数ワークの高速カウントなどが可能となるほか、高性能カメラの採用や処理能力の向上により、従来機種比最大45%のサーチ時間短縮を可能となった。

同製品は、多軸ロボット用コントローラ「RCX3シリーズ」にビジョンボードや照明ボード、トラッキングボードを組み込み、ロボットと一体化していたビジョンシステム。ロボット制御、画像処理、照明制御、コンベアトラッキングのデータ処理などをロボットプログラムのみで一括制御でき、装置のセットアップ時間の大幅な短縮が可能。

また、カメラで読み取った濃淡のあるグレー画像を、ある閾値(しきい値)を基準として白と黒の2階調に変換する「2値化処理」を行い、塊の有無や数、面積などを検出するブロブ(かたまり)サーチ機能を搭載し、従来のエッジサーチに比べ2倍から10倍の速度でワークの検出が可能となる。

サーチは最大254品種を登録でき、食品、衣料品などの不定形物のピッキング、有無検査、多数ワークの高速カウントなどに適し、スカラロボットと組み合わせることで高速コンベアトラッキングに最適となっている。

このほかウィザードに従うだけの簡単操作で高精度なカメラキャリブレーションができる簡単キャリブレーションや、画像の取り込みや輪郭設定、検出位置登録でワーク登録ができる簡単ワーク登録機能、ムービングカメラ対応している。

価格はオープンで、年間340台の販売を目標とする。

不定形物(食品、衣料品)も検出可能