ダイドー アシストスーツ薄型化、上腕の負担軽減

2020年5月20日

ダイドー(大阪府河内長野市)は、上腕の負担を軽減するアシストスーツの新バージョン「TASK AR2.0」を5月下旬から出荷開始する。

同製品は、上向き作業の負担軽減に特化して設計されたアシストスーツ。ガススプリングの反力によって自然に腕を持ち上げ、胸の高さから頭上までの作業をアシストする。

電力を使用しないため、長時間の連続使用が可能となっている。従来製品から10センチ薄くしてコンパクト化し、狭い環境での作業が多い工場内や建設・土木工事の現場で快適に動き回ることができ、これまで以上に多種多様な現場の作業負担改善が期待できる。

本体重量は3.9キログラムで、身長150〜190センチの人に合わせて高さの調節が可能。アシスト力はレベル1の2.2〜3.1キログラム、レベル4の5.4〜6.8キログラムまであり、スプリング交換によって変更が可能となっている。

TASK AR2.0