THK コンパクトボールスプライン、新シリーズ受注開始

2020年5月20日

THKは、ボールスプライン「LF-X形」の新シリーズとなるコンパクトボールスプライン「LFK-X/LFH-X形」の受注を開始した。

同製品はコンパクトなボールスプラインで、既存製品LF-X形より芯高さが低く設計されているため、周辺部品を小さくして装置をコンパクトに設計したい箇所に最適。またフランジ面積が小さくカットされているので、既存製品の丸フランジタイプよりもスプラインナットの質量が10〜15%小さくなり、軽量化も可能。

スプライン軸の軸径サイズはφ5〜30まで9サイズを展開し、スプラインナットは角型(LFK-X形)と小判型(LFH-X形)の2種類をラインアップしている。

コンパクトボールスプライン「LFK-X/LFH-X形」