GII 市場リポート スマートマニュファクチャリング調査、25年には41兆円規模

2020年5月13日

インダストリー4.0採用増など後押し

グローバルインフォメーションが取り扱うMarketsandMarketsの市場レポート「スマートマニュファクチャリングの世界市場-2025年までの予測:状態監視、AI、IIoT、デジタルツイン、産業用3Dプリンティング」によると、スマートマニュファクチャリング市場は、2020年の2147億ドルから、25年までに3848億ドル(約41兆円)まで拡大し、年平均成長率12.4%で成長が予測されている。

市場の主な促進要因として、インダストリー4.0の採用の増加、製造工程における産業オートメーションへの関心の高まり、産業オートメーションをサポートする政府の関与の増加、規制コンプライアンスへの関心の高まり、サプライチェーンの複雑さの増大、時間とコストを削減するソフトウエアシステムへの需要の増加など。一方、サイバーセキュリティに関連する脅威や、スマートマニュファクチャリングシステムの実装の複雑さ、情報や実現技術の採用の利点に関する認識の欠如、熟練した労働力の欠如が、市場の成長の課題と予測している。

 

■株式会社グローバルインフォメーション
グローバルインフォメーションは、アジア最大の市場調査レポート販売会社。世界の市場調査会社300社以上と代理店契約し、10万以上の調査資料を提供している。
詳細は https://www.gii.co.jp/