IGSAP SO資格運用開始、経営・管理層への安全思想普及

2020年5月13日

セーフティグローバル推進機構(IGSAP、向殿政男会長)は、企業トップを含む経営層および管理者層やスタッフ層の安全に対する知識の保有や理解の確認を目的とした要員教育認証システムとして「セーフティオフィサ(SO)資格認証制度」を2020年5月1日から運用を開始した。

SO制度は企業運営に関わる企業人を対象にした「安全」に関するマネージメント資格。

安全に関する資格としては、主に技術者を対象とした機械安全の知識・能力を有するセーフティアセッサ(SSA/SA/SLA)資格があるが、SO資格は企業のマネージメント担当者向けで、両者が全社的に協力することにより企業全体の安全化への推進効果が高まり、安全性だけでなく生産性の向上など、企業の成長や価値向上をもたらす効果が期待できる。

SO資格は、職務に応じて経営者層対象の「セーフティエグゼクティブ(SE)」、管理者層対象の「セーフティマネージャ(SM)資格」、スタッフ層対象の「セーフティスタッフ(SS)資格」の3つがあり、どの種類からでも受験ができる。

SO資格制度の運営は日本認証(JC)が行い、学習ツールとしてeラーニングを採用し、試験もWBT(Web Based Testing)で行うことから、時間・場所を選ばず知識習得ができる。

詳しくは、日本認証( 06-4807-3337、safety12100@j-cert )まで。