GII 市場リポート 産業オートメーションソフトウエア市場、年間成長率8%に

2020年4月15日

信頼性高い製造実現

グローバルインフォメーションが取り扱うMordor Intelligence LLPの市場レポート「産業オートメーションソフトウエア市場-成長、動向、予測」によると、監視制御およびデータ取得(SCADA)、分散制御システム(DCS)、製造実行システム(MES)、ヒューマンマシンインターフェース(HMI)、プログラマブルロジックコントローラ(PLC)といった産業オートメーションソフトウエア市場は、2019年から2024年にかけて年間平均成長率8.0%で推移すると予測している。

産業オートメーションソフトウエアは産業プロセス全体を管理するための支援システムで、定性的で信頼性の高い製造を実現するオートメーションの需要の増加、運用コストの削減および大量生産に対する需要、インダストリー4.0の採用の急増と実現技術によって市場の成長が促進されるだろうとしている。特にSCADAは過去10年で急速な成長を遂げ、市場の成長に大きな影響を与えると見ている。

レポートでは、世界の産業オートメーションソフトウエア市場を調査し、製品・エンドユーザー産業・地域別の市場規模の推移と予測、市場の成長要因および阻害要因の分析など包括的な情報を収録している。

 

■株式会社グローバルインフォメーション
グローバルインフォメーションは、アジア最大の市場調査レポート販売会社。世界の市場調査会社300社以上と代理店契約し、10万以上の調査資料を提供している。
詳細は https://www.gii.co.jp/