三菱電機 現場の改善を後押し、レイアウトとモノの流れ最適化支援技術

2020年4月8日

三菱電機は、生産現場の改善活動を効率化する「生産ライン改善支援技術」を開発した。

同技術はまず、生産ラインのレイアウトと、モノ(製品)の流れとの統合設計による設計工数の削減が可能。個別設計では気づかない問題や修正の手間を削減し、生産ラインの改善案を効率良く導き出すことができる。レイアウトやモノの流れ、運搬速度などのデータから算出した分析結果によって、生産ラインの良否判断をわかりやすく可視化して改善検討の質を向上させることが可能。

また、生産ラインの各工程で計測した作業時間から、同社のAI技術「Maisart(マイサート)」によって作業時間のばらつきや時間帯による作業効率の変化を分析し、生産量算出用データを生成。このデータを用いてシミュレーションを行うことで、生産量を90%以上の精度で算出できる。これまで人が行っていたシミュレーターの設定作業を、生成したデータと設計したレイアウト・モノの流れをシミュレーターに反映させることで自動化し、複数の改善案を効率的に比較検討することが可能。

今後、同社の生産現場へ試験導入して実用化を目指すと共に、作業分析ソリューションと併せた、監視・分析・改善ツールとして実用化すべくさらに開発を進めるとしている。