富士キメラ総研 車載電装システムの2030年世界市場予測、18年比97.4%増の49兆円に

富士キメラ総研は、自動運転システムなど車載電装システムの世界市場を調査し、2019年は低い伸びにとどまるが、中長期的にはHV・EVシステムや自動運転システムの普及により大幅な拡大が予想されると発表した。

19年の市場は中国の需要が低調であったため低い伸びとなり、パワートレイン系が7兆9659億円(前年比3.6%減)、HV/PHV/EV/FCV系が2兆7589億円(22.3%増)、走行安全系が4兆3365億円(0.4%減)、ボディ系が2兆8636億円(3.0%減)、情報通信系が6兆9696億円(0.3%増)で、合計24兆8945億円(0.5%増)となる見込み。

中長期的には堅調な拡大が予想され、2030年には、特にHV/PHV/EV/FCV系が大きく伸長し18兆775億円(18年比8.0倍)と予測。走行安全系も自動運転システム、ADAS、ドライバーモニタリングなどの伸びが大きくなるとみられ、8兆1113億円(86.3%増)の見込み。全体では48兆9120億円(97.4%増)と予測される。

ADASシステムは、各国が衝突安全防止機能の搭載義務化を進めていることや、搭載車の増加によりシステムの低価格化が拡大を後押しするとみられ、30年には1兆3037億円(2.5倍)が予測される。

自動運転システムは、20年にレベル3車が量産化され、25年ごろにレベル4車が投入されると予測。21年ごろにはMEMS式などの安価なLiDARが採用され始めることからシステムの低価格が進み、搭載車両は大幅に増加していくとみられ、30年には2兆2781億円(464.9倍)と予測。

車載電装システムの世界市場(出典:富士キメラ総研)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG