イノフィス、マッスルスーツの累計出荷台数 1万台を突破

イノフィス(東京都新宿区)は、同社が開発・販売を手がける「マッスルスーツ」が、2020年3月2日時点で累計出荷台数1万台を突破したと発表した。

「マッスルスーツ」は、空気圧で稼働する人工筋肉の働きにより、腰などの動作を補助する装着型アシストスーツ。人を抱え上げる、重い物を持ち上げる、中腰の姿勢で作業するといった、腰への負担を低減する効果を発揮する。

2014年から「腰補助用マッスルスーツ」を販売しており、「機能はそのまま、より軽量に、より低価格に」を追求し、毎年新モデルを開発。2019年11月には、さらなる軽量化と量産化による大幅な低価格化を実現した「マッスルスーツEvery(エブリィ)」を発売。

従来機種は主に法人向けに受注生産の体制をとっていたが、量産化に成功した「マッスルスーツEvery」では個人でも購入可能な15万円以下の税込み価格を時実現。ビックカメラをはじめとする販売網の拡充と、ダウンタウン・浜田雅功氏を起用したテレビコマーシャルなどのプロモーション活動により個人ユーザーへの認知拡大を図り、「マッスルスーツEvery」販売開始から4カ月余りで、累計出荷台数1万台突破となった。

マッスルスーツEvery

出典:イノフィス「マッスルスーツの累計出荷台数が 1 万台を突破」

ANSYS

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る