イノフィス、マッスルスーツの累計出荷台数 1万台を突破

イノフィス(東京都新宿区)は、同社が開発・販売を手がける「マッスルスーツ」が、2020年3月2日時点で累計出荷台数1万台を突破したと発表した。

「マッスルスーツ」は、空気圧で稼働する人工筋肉の働きにより、腰などの動作を補助する装着型アシストスーツ。人を抱え上げる、重い物を持ち上げる、中腰の姿勢で作業するといった、腰への負担を低減する効果を発揮する。

2014年から「腰補助用マッスルスーツ」を販売しており、「機能はそのまま、より軽量に、より低価格に」を追求し、毎年新モデルを開発。2019年11月には、さらなる軽量化と量産化による大幅な低価格化を実現した「マッスルスーツEvery(エブリィ)」を発売。

従来機種は主に法人向けに受注生産の体制をとっていたが、量産化に成功した「マッスルスーツEvery」では個人でも購入可能な15万円以下の税込み価格を時実現。ビックカメラをはじめとする販売網の拡充と、ダウンタウン・浜田雅功氏を起用したテレビコマーシャルなどのプロモーション活動により個人ユーザーへの認知拡大を図り、「マッスルスーツEvery」販売開始から4カ月余りで、累計出荷台数1万台突破となった。

マッスルスーツEvery

出典:イノフィス「マッスルスーツの累計出荷台数が 1 万台を突破」

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG