「インフラメンテナンス大賞」3部門で募集開始、スマート保安対象経産大臣賞を新設

2020年2月19日

経済産業省と総務省、国土交通省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、防衛省は、「第4回インフラメンテナンス大賞」の募集を開始する。

同賞は日本国内の社会資本のメンテナンスにかかわる優れた取組や技術開発を表彰するもの。メンテナンス実施現場における工夫部門とメンテナンスを支える活動部門、技術開発部門の3部門を募集する。

今回からIoT・AIなどの最新技術を使ったスマート保安に関して電気・ガス設備を対象とした経済産業大臣賞を新設した。