ベライゾン 19年度ペイメントセキュリティ報告、コンプライアンス準拠 世界的低下傾向に警鐘

2020年1月15日

ベライゾンは「2019年版ペイメントセキュリティ報告書」を発表し、世界的なコンプライアンス低下の傾向に対して警鐘を鳴らした。

報告書によると、支払いシステムをクレジット会員データの侵害と盗難の両方から保護するためのPCI DSSコンプライアンスに完全準拠する企業・組織の割合は16年の55.4%をピークに18年は36.7%まで低下。

APACでは多くの企業が遵守しているが、アメリカが最も低く世界に遅れをとっており、75%以上は支援が必要な機会が必要であるとした。