オムロン&スクウェア・エニックス、AIを共同研究 モチベーション向上高める

2020年1月15日

オムロンとスクウェア・エニックスは、オムロンの卓球ロボット「フォルフェウス」を通じ、人のモチベーションを高めるAIの共同研究を開始した。

フォルフェウスは13年の発表から第5世代まで進化し、最新モデルではプロ選手並のラリーができる制御技術と、対戦相手を理解して最適な返球やアドバイスによって人の成長を促すコーチングまで可能になっている。

またスクウェア・エニックスは、ゲームで遊ぶプレイヤーの感情を理解し、それに応じてゲームの展開や難易度等を変え、モチベーションを上げて楽しくさせるメタAIを開発を行い、実際のゲームにも採用している。

今回、メタAI技術をロボット実機に取り入れることで人のパフォーマンスを引き出せる機器の研究を行い、今後ロボットをはじめとするリアルな機器と人の新たな関係性の構築に向けた研究開発を進めるとしている。実現した技術は、作業者の技術レベルに応じた適切なサポートを通じてモチベーション向上させる機械や機器の開発などに役立てたいとしている。