不二電機工業 新事業展開へ組織整備、2部署独立への布石

不二電機工業は2月1日付けで、新事業を担う「商事部」と「生産技術部」を既存部門から独立させ、それぞれ「スマートソリューション部」、「M3(エムキューブ)エンジニアリング部」に名称を変更する。

スマートソリューション部では、自社製品に加え、他社製品を商材とした販売・調達代行、それらを組み合わせた複合製品、そして新テクノロジーを用いた商品の提案など、今後、ますます多様化するお客さまのニーズや困りごとに対し、総合的にスマートソリューション(効率的な問題解決)を提供していく。

M3エンジニアリング部は、3つのM「Mechatronics(メカトロニクス)、Mold(金型)、Manpower Saving(省人化)」を掛け合わせ、相互作用による立体的なエンジニアリングを提供するという意味を込めている。同社が培ってきた装置製造と金型製造の2つの技術をベースに、お客さまが求める装置や金型などを作り、外販することで、省人化・省力化への貢献を目指している。

なお、同社では、2月から技術営業部門の「草津営業チーム」と「東京営業チーム」を一体化し「営業チーム」に改める。同時に東京営業所の名称を「東京オフィス」に変更し、営業業務のほか、様々な職種の社員が勤務地の垣根を越えて柔軟に働くことが可能なサテライト拠点としていく。

業務の電子化推進や、コミュニケーションツールの充実など、社内インフラを整備して優秀な人材確保と働きやすい職場環境の整備を進める。

 

関連人事は次の通り。

▽兼 M3エンジニアリング部長 取締役執行役員・生産部門統括草津製造部長 兼 生産技術部長 佐々木誠仁
▽スマートソリューション部長(商事部長)執行役員 大石一智
▽執行役員 品質保証部長 井幡進
▽調達部長(調達部副部長)前田豊

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG