【各社トップが語る2020】マコメ研究所「創業50周年へ開発加速」沖村文彦 代表取締役社長

2020年1月8日

マコメ研究所 沖村文彦 代表取締役社長

 

第49期になる2019年11月期は、前半は計画通りに推移していたが、後半停滞し、微増収で終った。全体売り上げの30%を占めるAGV向けガイドセンサが下支えとなり、工作機械向けの変位センサや磁気センサも大きな落ち込みが見られず堅調に推移した。またモータスポーツ用各種センサも多くの注文を頂き売り上げに大きく貢献した。

20年11月期は、取り巻く景気が厳しいこともあり今期並みの売り上げを見込んでいる。AGVや工作機械向けの販売は、市場の動きより上を見込めるのではないかと思う。また、物流機器向けや食品加工向けエンコーダも期待できる。モータスポーツ向けセンサも前期並み以上の売り上げを目論んでいる。

開発を進めていたワイヤーに通信機能を兼用させる新しい製品が完成し、19年末に初出荷した。類似製品がないだけに今後期待できる。

19年2月に技術棟が完成し、開発環境が向上。現在10件程度の開発テーマに取り組んでいる。AGVのガイドレスタイプの製品も増えてきていることから、付加価値を高めたセンサも開発中だ。同時にModbusに次いで、CAN対応ガイドセンサの開発にも着手している。

また、IO-Link対応センサの開発も目処がつき、まず磁気センサと傾斜計の量産設計を完了する予定。そのほか、昨年発売したリニア変位センサ「MP-620」に次ぐ、さらに高精度な変位センサの開発も進めていく。

将来を見据え検出素子のチップ化を実現し、生産の効率化と新たな市場参入を模索していきたい。加えて生産や在庫管理の効率化、開発のスピードアップを目的とした基幹システムの構築に昨年より取り掛かっており、第一段の年内稼働を目指す。

21年には創業50周年を迎える。節目の年に相応しい新製品の開発や新規事業の展開も考えたい。

 

【各社トップが語る2020】目次アーカイブはコチラ