【各社トップが語る2020】スワロー電機「継続的にニーズを汲み取る」河原道彦 代表取締役社長

2020年1月8日

スワロー電機 河原道彦 代表取締役社長

 

2019年の売り上げは、18年にあった特需が収束したことから前年比ではやや減少したが、粗利は堅調であった。一方で、汎用製品の定着が加速しており、来期は順調に推移する見込みである。

さまざまな課題を解決する機能を搭載した当社のトランスは、それぞれ独自の特徴を有し、旧来のトランスと価格面では劣らず、より利便性の高い製品を提供できている。

煩雑な設定作業を改善する「ねじアップ式フィンガープロテクタ端子台」や「サーキットプロテクタ」、作業用のPCなどを接続することにも利用できる「出力コンセント」、手元照明にもなる通電表示の「超高輝度LED」、ヒューズとは異なり復帰運転が可能になる「ブレーカー機能」など、付加機能を搭載した汎用トランス製品の定着が進んでいる。

営業が常に販売店と同行し、現場での課題やニーズを汲み取り、開発へと還元していることで、次々に新製品を提供に繋がっている。

20年はトランスだけでなく、UPSや直流溶接機で新機能を搭載したモデルを発売する予定。

当社製品を利用するお客様からの評価は非常に高いことから、製品認知を拡げることにより、導入はさらに加速していくと確信している。これからは知名度を高める活動を行い、より拡販/定着化を進める。

自動化/機械化に向けた設備投資を計画通り行うことで、生産効率・生産量が高まり、コストや納期の競争力を強化している。大型トランスの製造スピードアップにもつながる工場拡大に向けた用地をすでに確保しており、東京オリンピック後の市況を見て着工を検討する。

19年は中部地区の売り上げも増加し、名古屋営業所の拡張と増員を行った。20年は他の地域にも広げ、市場への定着化と現場ニーズの汲み取りを継続的に行っていく。

 

【各社トップが語る2020】目次アーカイブはコチラ