【各社トップが語る2020】フエニックス・コンタクト「営業力と特約店関係を強化」青木良行 代表取締役

2020年1月8日

フエニックス・コンタクト 青木良行 代表取締役

 

2019年のグループ全体売り上げは、前年比4%増の25億ユーロの見込み。ドイツと中国、アメリカは前年ほど振るわなかったが、他の地域がカバーした。日本の19年12月期の売り上げは前年比の2桁台成長には及ばないものの、工作機械等の落ち込みが激しいなか、なんとか踏みとどまってくれた。

ここ10年で取引先の裾野を広げ、顧客数増大の努力の成果であると考えている。国内市場は冷え込んでいるが、グローバルの数字は伸びている。

20年は「営業力の強化」と「特約店との関係深化」を進める。営業力の強化では、既存の3事業本部(DCとICE、IMA)に加え、経営企画部を新設する。お客さまの利便性向上と営業の底力強化をミッションとし、より業務を円滑に進めるためのIT活用推進や、横軸の営業支援などを担当する。

またIMA統括部が取り扱うPLCやIPC、IOシステムといったFAやネットワーク機器についてお客様への提案力を強化する。これらは新しいコンセプトの製品群で販売戦略も異なるため、現場主義を強め横展開してゆく。

昨年、特約店数が1社増えて24社になった。これまでは当社の製品を売っていただけるパートナーだったが、次のステージへの飛躍に向けてしっかりしたビジョンを各特約店に提示し、双方が目指す方向に当社として何ができるかを考え、真のパートナーシップを築き、関係深化に努めたい。

また、新しい取り組みとして、日本発の製品となる、Push-inの中継コネクタ端子台の発売を予定している。縦横に取り付け方向が変えられ、制御盤の小型化に役立つ。IIFESでも好評で、手応えを感じている。

当社の強みは6万点を超える製品のバリエーションと、今後もニーズが高まるPush-inであり、今年も様々なお客様にご提供できるよう盤石な体制を構築していきたい。

 

【各社トップが語る2020】目次アーカイブはコチラ