【各社トップが語る2020】ロボコム「最高のエンジニアリングを」金谷智昭 取締役

2020年1月8日

ロボコム 金谷智昭 取締役

 

ロボコムは、ロボットSIerの1級建築士として、ロボットシステム導入に係る要件定義・構想設計・ラインシミュレーション・コンサルティングを専門に行う日本唯一のエンジニアリング会社である。

ロボットシステム導入に於ける水平分業化を目指し、経済産業省が提唱するロボットシステム導入プロセス標準『RIPS』に基づいた共通言語を活用して、ロボコムで設計した図面を元に、各地の専門メーカーに製造を委託できる中立な立場を目指している。

ビジョンは「エンジニアファーストによる 最高のものづくり 最高のエンジニアリング」。SIerの地位向上を目指し、ロボット工業会、FA・ロボットシステムインテグレータ協会、関係省庁、地方自治体との連携も強化している。

例えば山形県では「令和元年度ロボット導入加速化支援事業」のロボット導入支援アドバイザーとしてロボコムを活用いただき、ロボットシステム構築のための要求仕様の明確化などをご支援させていただいた。福島県、栃木県、石川県をはじめとした各地域の製造業を支援する団体とも講師派遣などを通じ、業界発展のために尽力しており、この活動はますます加速させていく。

2019年は東京大学松尾研究室との共同研究による「AI活用による千切りキャベツの定量ピッキング」を世界初公開した。展示会「FOOMA JAPAN2019」で実機をお披露目し、多くの企業にその技術をご覧いただくことができた。

次世代デジタルファクトリーを構築するコンソーシアム「Team Cross FA」幹事企業の中でも「構想設計」専門企業として、多くの案件をいただいている。20年もこの勢いをさらに加速させ、関連各位と協力しながら日本品質を世界に発信していきたい。

 

【各社トップが語る2020】目次アーカイブはコチラ