三菱電機 FAトータルソリューション「e-F@ctory」

2019年12月18日

人とロボットの共存を提案

三菱電機(南ホールS1-03)は、「人とロボットの『共存』が拓く、スマートファクトリー」をテーマに、協働ロボット、産業用ロボットFRシリーズ、AI技術(MELFA Smart Plus)を組み合わせたスマートファクトリーを展示し、マスカスタマイゼーションに向けたソリューションを展示する。

三菱電機の特長であるオールFA機器メーカーとしての訴求と、新しい技術と新しい社会への対応を提案する。

安全柵で囲ったロボット、セルロボット、センサを活用した柵なしロボット、協働ロボット、RTR社との共同開発による「よける」ロボットなど多彩な設置パターンを展示し、人とロボットの共存の仕方のバリュエーションを紹介する。

またパートナーやシステムインテグレーターの協力のもと、多くのアプリケーション展示を用意。具体的なロボット活用の事例を見ることができる。マスカスタマイズを見据えてフレキシブル性を高めた提案を増やし、人とロボットが協働するスマートファクトリーを提案する。

https://www.mitsubishielectric.co.jp/fa/compass/exhibition/2019/irex2019/index.html