ユニバーサルロボット AGVやAMRにマッチ、DCバッテリ駆動協働ロボ

2019年12月18日

ユニバーサルロボットは、DCバッテリ駆動の協働ロボット「OEM DC Model UR3e/UR5e/UR10e/UR16e」を、11月26日から提供開始した。

同社の協働ロボットは、小型・軽量で安全柵が不要、またプログラミングが簡単なため、複数の工程で柔軟に活用でき、台車に載せて工程間を移動させる事例が多くある。

新製品は、AGV(無人搬送車)やAMR(自律型モバイルロボット)へのインテグレーション向けに最適化されており、これらのバッテリから直接、電源供給が可能。DCバッテリ駆動のAGVやAMRに搭載することで、距離が長い複数の工程間の搬送も自動化が可能となる。

ティーチペンダントとコントロールボックスが必要ないため、システムの小型化と軽量化も実現。

同社は今後、全国の販売パートナーと共に、AGVやAMRのニーズが高い製造現場のほか、物流や流通、医療などの業界で協働ロボットを使ったシステムの提案を積極的に展開していく予定。

OEM DC Model