安川電機 防爆仕様の可搬質量45キロ、新ハンドリングロボ

塗装エリアでワーク移載可

安川電機は、揮発性のある塗料を使用する塗装エリア内で使用可能な防爆仕様のハンドリングロボット「MOTOMAN-MHP45L」を、11月27日から販売開始した。

新製品は、塗装エリア内でのワーク移載や、塗料・溶剤などの投入作業に適したハンドリングロボットで、可搬質量45キログラムと大型ワークの移載が可能。最大リーチは2850ミリメートルと動作範囲が広く、ロボット近傍周辺の有効動作範囲を拡大しているため、ワークとの接近性が向上。塗装ブースの省スペース化にも貢献する。

設置方法は、床置き、棚置き、壁掛け、天つりに対応し、自在なレイアウトを構築できる。給電ケーブル出口は、背面、右面、左面の3方向からの選択が可能。

上腕部のケーシング側面にハンド用エアホースを4ポート(φ10×2、φ6×2)、LSケーブル6芯を配備しており、周辺にはサービスタップを備え、すっきりとしたケーブル装備が可能。干渉範囲を最小限に抑制し、有効動作範囲を最大限に生かすことができる。

MOTOMAN-MHP45L

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG