アマダ 新ベンディングマシン 「曲げ加工」簡単に設定、人手不足に対応

アマダは、人手不足や変種変量生産に対応するベンディングマシン「HRB」シリーズを、日本と北米にて発売開始した。今後はグローバル市場へ順次展開していく予定。

HRBシリーズは、NC装置「AMNC 3i」に加工プログラムが容易に作成できる「LITEモード」を新たに搭載しており、スキルや年齢、国籍に関わらず簡単に曲げ加工が行えるベンディングマシン。23言語に対応し、タッチパネル上でナビゲーションに沿って曲げ加工の設定が行える。

全自動金型交換装置を標準搭載した機種をラインアップしており、熟練技術を必要とする金型交換が不要のため、変種変量生産にも対応。

曲げ加工には、油圧ピストンポンプとそれを制御する高精度サーボモーターのハイブリッド・ドライブシステムにより、高速で安定した曲げ加工を実現。従来のマシンからオープンハイトとストロークが各150ミリメートル広がり加工範囲が拡大。曲げ角度を自動補正する接触式角度センサや、材料の腰折れを防止する追従装置など、多彩なオプション機能も後付けが可能。同社のIoTソリューション「V-factory」にも対応。

年間販売目標は250台。

HRB−1303(左、販売価格2076万円〜)と、HRB−1003ATC(4740万円〜)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG